薬 雑学

薬の雑学の知っておきたい知識

病院で医師から処方をしてもらった薬というのは病院や調剤薬局でその薬を受け取る際には必ず「この薬は整腸作用がある薬となっています。

 

またこの薬は・・・」などとしつこいくらいに薬の説明を聞くことかと思います。

 

しかし自宅に帰ってきてから薬の入っている袋を開け、病院でもらった薬をいざ飲もうと思った時に「あれ?

 

この薬は何の薬だったかな?」と思うことって結構多くの人が経験をしていることかと思います。

 

そこまで気にしていない人も少ないかもしれませんが、中には副作用が心配で薬の服用を迷ってしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこでちょっとした薬に関する雑学です。

 

病院で処方をしてもらった薬の製品名や薬が入っているパッケージなどに印字されている識別コードやメーカーの名前などといった情報を利用して薬の主となる効果や注意点、さらには副作用などといった情報を知ることが出来るのです。

 

さらに薬の名前以外にも内服薬や外用薬などといった薬の種類や、錠剤、そしてカプセル等といった剤形等で絞込んで検索をすることも出来るのです。

 

つまりインターネットを利用した検索方法なのです。

 

薬の検索結果を確認してみますと、薬の一日あたりの分量や処方目的、さらには作用や使用状況等といった解説と副作用に関する情報、

 

また飲み合せ等などの情報を集めることが出来ます。

 

また妊娠をしている時にその薬を服用した時の安全性まで教えてくれますので、莫大な量の情報を知る事が出来るのです。

 

その他もらった薬の外国での承認状況なども調べることが出来ます。

 

世界で最も薬剤の承認基準が厳しいとされている国はアメリカとイギリスとなります。

 

次に厳しいとされているのがフランスとドイツなのでですが、貴方が処方をしてもらった薬がこれからの国でどのような扱いになっているのかを知ることが出来るのです。

 

医師からのアドバイスや説明ももちろんしっかりと聞くことも大事なのですが、自分自身で納得いくまで調べたいのでしたらインターネットを活用してみてはいかがでしょうか?

 

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<