シアリス 添付文書

シアリスの添付文書の重要性

2007年に厚生労働省によって認可され、イーライリリー社から販売されたのがシアリスというED治療薬です。

 

バイアグラ、レビトラに続いての第三のED治療薬というようにもいわれている薬です。

 

国内では最も新しく認可されたもので、現在では愛用をしている人も多くなっている薬です。

 

その特徴は最大36時間ともいわれる持続時間です。

 

他にもシアリスの特徴はたくさんありますが、まずはその添付文書をしっかりと読み込むようにしてください。

 

というのも、シアリスというのは処方箋なしには購入することができない医薬品です。

 

つまりは医師の指示どおりの処方なしでは重大な副作用を発症してしまう可能性のあるものなのです。

 

そうした危険性をしっかりと理解しておくためにも服用をはじめる前にはきちんと添付文書を読んでおくことをおすすめします。

 

シアリスが併用禁忌となっているのはニトログリセリンが有名です。

 

併用禁忌となっている理由は血圧が急激に下がってしまうことなどがあげられています。

 

また、過去に心筋梗塞や脳梗塞などを引きおこしてしまったことがある方も場合によっては服用できません。

 

こうしたことは診察をしてくれている医師にしっかりと相談しておきましょう。

 

自分の持っている持病はあるのか、ないのか、服用している薬はあるのか、ないのか、そうしたことをきちんと相談してください。

 

こうしたED治療薬が欲しいからといって、医師に嘘をついてまで手に入れたとしても重篤な副作用が起こってしまう可能性があるのです。

 

みすみす自分の命を危険にさらすようなことは絶対にしないようにしてください。

 

また、狭心症の症状を持っているというような方は性行為そのものはできるようになったとしても、その性行為が心臓に負担をかけてしまうことがあります。

 

性行為というのはその人にもよるのですが、一般的にはかなりの運動量があるとされています。

 

ですので、そうした不安がある方は心臓に負担をかけないような工夫などが必要かもしれません。

 

現在、国内で販売されているシアリスには5mgのものと10mgもの、20mgのものがあります。

 

そのいずれも添付文書というのは共通ですので、しっかりと目を通しておくようにしましょう。

 

副作用として、軽い偏頭痛や顔面の紅潮や軽い鼻づまりといったこともあるようです。

 

そうした副作用がでてしまったときにもしっかりと医師に相談するようにしておきましょう。

 

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<