妊婦 薬

妊婦さんが薬を服用する時の注意点

「妊娠している事に気付いていないで薬を服用してしまった」「妊娠中に医師からこんな薬を処方されたけど本当に大丈夫なのだろうか?」などと疑問に思ったことがあるかもしれません。

 

妊娠中の薬の服用によって赤ちゃんにどんな影響を与えてしまうのか、というのは妊婦の方でしたら誰もが気になることかと思います。

 

基本的に薬というのは妊娠初期の妊婦が妊娠に気付くこと無く服用してしまっても問題の無いように考慮されて作られていますので、体内の赤ちゃんに影響を与えるほど強い成分が使用されているものはほとんど無く、妊娠に気付かないで1〜2程度服用くらいではそれほど大きな心配をする必要はありません。

 

しかし、妊娠が判明した後での市販薬の自己判断での服用は絶対に止めてください。

 

産婦人科やそれ以外の病院に受診する時には、妊娠中である事を必ず告げてから薬を処方してもらうようにしてください。

 

それでは妊娠中に薬を服用する事によって赤ちゃんに対してどのような影響を与える不安要素があるのでしょうか?

 

胎児が影響を比較的受けやすいと考えられている要素としましては、胎児の形成発育に対し奇形を引き起こしてしまう物質が含まれている薬を服用した場合におきまして、麻痺や奇形などが起こる可能性があるとされている事となります。

 

もちろん服用したからといって必ず影響を与えるわけではありませんのでご安心ください。

 

またこのような薬の影響を胎児が受けやすいとされる時期というものもあります。

 

それは母体の妊娠4〜13週とされています。

 

中でも特に4〜8週と言われています。

 

妊娠周期が進むにつれ、薬の服用による胎児の受ける影響は徐々に低下してきます。

 

しかし万が一に備えて、このような影響を避ける為にも、妊娠中につきましては自己判断での薬の服用は避けてください。

 

また体の不調が少しでも出た場合には産婦人科の医師や、その他の医師にすぐに相談をして、妊娠中を考慮した薬を処方してもらうようにしてください。

 

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<