薬 肝臓

薬は肝臓に与える影響が大きい

勘違いされている人が多くいますが、そもそも薬というのは元々有害なものとなります。

 

何かと体調を崩してしまった時に薬を服用して改善をしていることでしょう。

 

そんな薬は実は肝臓が機能をしているからこそ解毒効果があるのです。

 

薬に含まれている成分を肝臓によって解毒していることから肝臓に大きな負担をかけてしまっているのです。

 

薬が分解されるまでの時間が長いことから、効果があるものだと言えます。

 

つまり肝臓の機能が低下してしまっていたり、肝臓病を抱えていますと、服用をした薬の分解が遅くなってしまい、その結果薬が長く強く働いてしまうことになります。

 

肝機能が弱まってしまっている人が薬を飲むことで、眠り続けてしまう原因がここにあるのです。

 

このことから薬を飲むことで肝臓を悪化させてしまう人も多く、薬を止めただけで肝機能が改善された人もいます。

 

そしてアレルギーを元々抱えている人も、特定の薬を服用することによって、アレルギー性肝炎とよばれる肝臓の病気を引き起こしてしまうこともあります。

 

しかしどのような薬を服用したらアレルギー性肝炎になってしまうのかということは一概には言えません。

 

ただし喘息や蕁麻疹、そして皮膚に発疹が出やすいアレルギー体質の方は薬の服用に注意をする必要があります。

 

また薬の他に肝臓へ大きな影響を与えるのがアルコールとなります。

 

毎日のように仕事が終わった後、同僚や友人とビールを交わしている人もいらっしゃることでしょう。

 

もしかしたらその前後に何かしらの薬を服用していませんか?

 

薬とアルコールの両方の分解が肝臓で行われることとなりますので、かなりの負担が肝臓に掛かることがわかります。

 

適度なアルコールは身体に良い影響を与えることもありますが、肝臓を悪化させてしまっては意味がありません。

 

ですので薬とアルコールは一緒に飲むことの無いように気を付けましょう。

 

上手にこれらと付き合っていくことで、健康を維持していくことが出来るのです。